ブログ

ブログ詳細

梅雨時期を乗り越える為に摂った方が良い食材は・・・


旬の食材が体に良い」ということは、皆さんも何となく知っていますよね?

 

食材が育つ季節や土地の環境は、私たちの健康に密接に関わっており、旬の食材を上手に摂ることで体に良い効果をもたらすことができます。

 

まず、梅雨から夏の時期にかけて、体に侵入しやすい邪気(病気のもと)である夏場の「暑邪」と梅雨時期の「湿邪」について。

 

今回は、梅雨時期に影響を及ぼす『湿邪』について

 

日本の梅雨は高温多湿で、体の中の水分も飽和状態になりがちです。

 

水が余りすぎる上に代謝が悪くなってしまうため、むくみ・下痢・便秘・水太り・湿疹・水虫・食あたり・水あたり・食欲不振・頭重感といった症状が出やすくなります。

 

『湿邪』には(甘み)のある食材が有効的!

 

食材・・・・・・・・みょうが・大葉・ジャスミンティー・桃・さくらんぼ

 

適度な甘みは夏の疲れを癒やしてくれます。また、この甘みは痛みを緩和させたり、味をまとめたりする特徴を持っています。

 

しかし、過剰の甘みは余分な水を滞らせる原因となるので、摂り過ぎには注意しましょう。

 

香りのある物や、代謝を上げてくれる辛味と一緒に摂ることで、水の循環も良くなります。

 

『湿邪』への対処法は(利水)

 

食材・・・・・・・冬瓜・とうもろこし・金針菜・ハモ・大豆・空豆・小豆

 

体に必要のない、悪い水をスムーズに排泄に結びつけることを「利水」と言います。

 

体の余分な水を排泄する方法は、「汗をかくこと」「尿を出すこと」の2つです。

 

どちらも新陳代謝やデトックスに必要なことです。

 

体内を巡った水はやがて濁ってしまいますので、利水を助ける食材の力を借りて、しっかり排泄しましょう。

 

よろしければ参考にして下さいね。

 

 

ファロワール躰・工房
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1VZ8FPl
  • facebook
  • twitter
  • mixi