ブログ

ブログ詳細

8月に入りましたね。この時季に取りたい食材 “トマト!!”


今日から8月!

 

梅雨が明けてから連日、うだるような暑さが続いていますね。

 

体調を崩さぬよう皆さん、どうぞお気を付け下さいね。

 

今回は、この時季取り入れたい食材として“トマト”をピックアップしますね。

 

皆さんもご存じかと思いますが、

 

美容と健康に効果があると注目されてきた食材のひとつが  “トマト”!!

 

トマトには、暑い時期に嬉しい効果がたくさんあります。

 

そこで今回は、夏に嬉しいトマトの効果6つをご紹介しますね。

 

1、日焼け防止

 

トマトに含まれるリコピンには抗酸化作用があり、メラニン生成を促進する活性酸素を取り除く働きがあります。

 

夜にトマトを食べると、翌朝にはリコピンが体内にしっかり蓄積されるので内側からの紫外線対策になるそうですよ。

 

 

2、シワ・たるみの予防

 

リコピンに活性酸素を取り除く働きがあります。

 

活性酸素は細胞を傷つけ、シワ、たるみにもつながります。

 

紫外線やストレスが原因で発生する活性酸素をリコピンが除去してくれることでシワ、たるみの予防にもつながります。

 

また、コラーゲン生成を促進するビタミンCもたっぷり含まれているんですよ。

 

 

3、体温を下げる

 

トマトに含まれるカリウムが持つ利尿作用により、体の余分な熱を外に出し、体温を下げる効果があります。

 

夏野菜は体温を下げるとよく言われているのはこのためなんですね。暑い夏には嬉しい効果ですね。

 

でも・・・、食べ過ぎは、体を冷やしてしまうかも・・・・。

 

 

4、ダイエット

 

トマトに含まれるリコピンと食物繊維には、代謝促進の効果が期待できます。

 

特にボディラインが気になる夏の時期、基礎代謝を上げて痩せやすい体づくりにトマトはピッタリの食材です。

 

5、疲労回復

 

トマトにはクエン酸やリンゴ酸が多く含まれていて、疲労物質である乳酸が体に溜まらないように働いてくれます。

 

また、リコピンは疲れの原因ともなる活性酸素を取り除いてくれるので、疲労回復のお手伝いになります。

 

暑い日がつづき、けだるさを感じる時はトマトと食事にとり入れるとよいのではないでしょうか?

 

6、悪酔い防止

 

暑い夏はつい冷えたビールやお酒が進みがちですよね。

 

気がついた時にはかなり酔ってしまっているなんてこともありませんか?

 

トマトにはアルコールの代謝を促進する働きがあります。

 

二日酔い予防のためにも、おつまみにトマトを食べたり、トマトジュースを使用したトマトジュースハイなどを飲むのも良いのではないでしょうか?

 

是非、参考にしてみて下さいね。

 

 

 

 

ファロワール躰・工房
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1VZ8FPl
  • facebook
  • twitter
  • mixi