ブログ

ブログ詳細

当サロンで行っているエステメニュー“モンテセラピー”の㈱リードからちょっとした豆知識のご紹介


当サロンのエステメニュー

 

【モンテセラピー】の認定店向けに送られてくる情報をここでご紹介いたしますね。

 

▽【  夏~ 心・小腸のお話 】▽▲

夏は1年で一番日差しとエネルギーが旺盛で高温多湿な季節です。天と地のエネルギが交わり熱が上昇して積乱雲ができ、雨や夕立ち、雷となって天の気が地上に注がれます。

体内では小腸で食べた物を栄養に変え吸収し、心臓で栄養たっぷりの血液を循環させ熱や血液を管理します。

 

東洋医学でいう『心』は精神が宿るとても大事な臓器で、意識・思考・睡眠などを支配しています。

心が落ち着かない、気が短い、うっかりミスが多い場合は『心』が弱っているサインです。

 

感情では『喜び』に関係しいて、喜び(うかれ)すぎると心は高ぶって心臓に負担がかかります。

行事やお祭りの後、楽しかったのに疲れ切ってしまい体調を崩すというのもこの時期よくあります。

血行が悪い、顔色が悪い、手足の冷え、顔ののぼせ、立ちくらみ、動悸、高血圧などの症状が出ている時も

『心』が弱っているサインです。

改善策は血液の循環を良くし小腸の動きを活発にする事ですが、すぐに出来る簡単な方法は笑う事です。

喜び(うかれる)と笑いは大きな違いがあります。

 

笑う事で心のバランスがとれます。

また笑うと横隔膜が動き、お腹の血液が全身にいきわたり、血液の循環がよくなり熱を循環させてくれます。

 

食べ物では形が心臓に似ているトマトが良いと言われています。

トマトは火照りすぎた体を冷やし、熱を発散、循環させてくれる働きがあるのと、トマトに含まれるリコピン(抗酸化物質)が血管に詰まった脂を分解してくれる働きがあります。夏にかかせない食べ物ですね。

 

夏には体の熱を取ってくれる美味しい食べ物が豊富です。夏の食材で体のバランスを取って元気に夏を乗り切り

ましょう!!

ただ夏の食材の食べ過ぎは冷えに繋がるので食べ方のバランスも重要です。

 

~モンテセラピー通信より~

ファロワール躰・工房
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1VZ8FPl
  • facebook
  • twitter
  • mixi