ブログ

ブログ詳細

長雨が続きますね。天気の悪い日が続くと出やすい神経痛。今回は当サロンでもお悩みの方が多い坐骨神経痛について


坐骨神経痛でお悩みになられた方は、インターネット等でお調べされた事もあるかもしれませんが、

 

簡単にどういう症状なのかご紹介したいと思います。

 

坐骨神経痛とは・・・・・?

 

坐骨神経は腰から太ももを通って足先に伸びる神経の膝のあたりまでを言います。

 

この神経がどこかで障害を受けると、座骨神経痛が起こります。

 

坐骨神経痛とは何か原因になる病気があって、その病気の1つの症状であって病名ではありません。

 

また、坐骨神経痛は単独で発生する場合もありますが腰痛を伴う事も確率的に多いですね。

 

坐骨神経に障害が起こる2つの原因

 

坐骨神経痛を訴えて病院へ受診したとしても、原因がはっきり分からない場合は非常に多く、腰痛を含む坐骨神経痛を訴える人の約85%が原因が特定できないと言われています。

 

では残りの特定できる原因とは何でしょうか。

 

原因が特定できる中で一番多いのは腰部の神経圧迫が原因で起こる椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症です。

この2つの病気は特に坐骨神経痛を訴える事が多いのです。

 

その1 腰椎椎間板ヘルニア

 

症状としては、腰やおしりから足にかけて広く散らばるような痛みが発生します。その他、足のふくらはぎの外側にしびれが起こったり、足に力が入りにくくなります。ときに、排尿や排便の障害を起こす事もあります。 

 

☆腰椎椎間板ヘルニアのメカニズム

 

 腰部の背骨は、椎体と呼ばれる骨の部分と、その骨と骨の間にクッションの役割をする椎間板があります。さらに、椎間板は繊維輪と髄核と呼ばれるものでできていますが、何らかの原因で繊維輪が断裂し、そこから髄核が出てきて、座骨神経を圧迫して痛みやしびれが起こります。

 

その2 腰部脊柱管狭窄症

 

症状としては、 安静にしていると痛みはあまりありませんが、歩き出すとお尻から太ももや足の先にかけて痛みやしびれが現れます。そのため長い距離を歩けなくなり、しばらく休憩するとまた歩けたりという事を繰り返します。このような歩行は間歇性は行と呼ばれ、脊柱管狭窄症に特徴的な症状です。そのほか、足の筋力が低下したり、知覚障害や膀胱の障害(トイレが近くなる、回数が多くなる、おしっこが残った感じがあるなど)が起こる場合もあります。

 

☆腰部脊柱管狭窄症のメカニズム

 

神経が通る道の腰椎の脊柱管が、腰椎の変形などによって狭くなり、神経を圧迫して症状が発生します。変形の原因は加齢があげられます。年を取ると背骨が変形したり、椎間板が変形したりするため、このような狭窄が起こります。腰椎椎間板ヘルニアに比べ、中高年に多いのが特徴です。

 

その他に、臀部の筋肉のこわばりにより症状が出る事もあります。

 

予防としては、正しい姿勢の維持・冷えを防ぐ・ストレッチ(ラジオ体操・片足上げ運動・膝抱え運動など)が挙げられます。

 

慢性的に、臀部・腰部の張りが強かったり、なかなかご自分でストレッチが出来ない事もあると思います。

 

当サロンでは、臀部・腰部の筋肉緩和はもちろんの事、骨盤の捻じれも骨盤周辺の筋肉にストレスを与えますので、一緒に骨盤矯正も行います。

 

坐骨神経痛・腰痛等でお悩みでしたら一度ご相談下さいね。

ファロワール躰・工房
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1VZ8FPl
  • facebook
  • twitter
  • mixi