ブログ

ブログ詳細

秋に気を付けたい体のポイント・・・・五行学説を基に考えられている中医学から


秋は空気が乾燥しやすい時期ですね。
 
五行学説から考えると「燥」の季節にあたり、「燥邪」の影響を受けやすくなります。
 
中医学では乾燥による障害を燥邪といいます。
 
燥邪の影響を一番受けやすい臓器は「肺」になります。
 
肺は、鼻やのど、気管支などとつながっているため、特に「肺」を中心とする呼吸器系の不調に注意が必要になります。
 
そのほか、秋にあたる「大腸」「皮膚」なども燥邪の影響を受けやすくなっているので、不調のサインを見逃さないようにしてください。
中医学では、現在の体調は一つ前の季節の養生によってつくられるものと考えています。
 
秋に身体を整えることは、冬を元気に過ごす準備にもなります。
 
寒い冬に備えるためにも、心身ともに今からしっかり養生しましょう。 
 
秋の食養生として
 
辛味の物がオススメ!!
 
生姜・ネギ・白菜・大根・三つ葉・しそ・ハッカ・菊花・くずきり
 
また肺に潤いを与える事も大事!!
 
ごぼう・蓮根・百合根・梨・杏仁・みかん類(咳に良い食材)
 
鶏の手羽先・皮・軟骨、鶏ガラスープ、白きくらげ、ごま、なつめ、豚足、はちみつ(肌に良い食材)
 
参考にしてみて下さいね。

 

ファロワール躰・工房
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1VZ8FPl
  • facebook
  • twitter
  • mixi