ブログ

ブログ詳細

最近、自分自身に言い聞かせている言葉  “足るを知る”


皆さん、老子の言葉で「知足者富」(足るを知る者は富む)と言う言葉をご存じでしょうか?

 

満足することを知っている者は、心豊かに生きることができるんだよ、
と、老子は説いています。

 

足るを知る=満足することを知ることは、
実は非常に難しいこと・・・。

次々に新商品が生み出され、物があふれた現代社会では、
様々な物がある意味では“使い捨て”の状態になっています。

 

そのような環境に生きていると、どうしても、
「もっと機能が充実した新しいもの」
「バージョンアップしたもの」に目が向いてしまいがち。
結果として、「必要かどうか」を検討する余地なく
新しいものを手にする機会も増えています。

 

物だけではなく、今の自分が置かれている環境も同じかなと思います。

 

色々な立場や状況の方々いらっしゃると思いますが、今というか今までの事に満足できなければ、

 

その状況が改善されても、まだ上へ上へという欲望が出てきて、心自体満たされる事が少ないのではないでしょうか?

 

「足るを知る」というと、
「欲張らずにほどほどのところで満足すれば良いのか~」
と解釈してしまう方も多いかもしれませんね。

 

僕自身もそう解釈していました(汗)

 

しかし、老子の言う「足る知る」というのは、そのような
「仕方なく満足する」という消極的な意味ではありません。
「これで良い」のではなく、「これが」良いと思える生き方。
今の自分自身に満足することこそが、「足るを知る」ことなのです。

 

自分が持っているもの、自分が身につけてきたもの、
自分がこれまで得てきたものを認め、受け入れ、まずはそれに満足する。
もちろん、上を目指すことも大事なことですし、
“欲”もあるからこそ人は努力することができますよね。

 

「人に良く見られたい」「人から好かれたい」「尊敬されたい」
そういう気持ちがなければ、頑張れないことだってあります。

 

しかし、そればかりでは心が疲弊してしまいます。
どんなに頑張って何かを得ても、
それに満足することなく「もっと、もっと」と次を望むのでは、
自分自身が報われません。

 

時には、自分の内側に目を向けて、
「自分はこんなに多くのものを手に入れたり、経験してきたんだなぁ~」と、
今までの自分自身を認めて誉めてあげることも大切ではないでしょうか?

僕自身開業して10年。

 

今、自分のテーマにこの「足るを知る」を心がけています。

ファロワール躰・工房
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1VZ8FPl
  • facebook
  • twitter
  • mixi