ブログ

ブログ詳細

睡眠と入浴の時間


入浴と睡眠の時間によって、睡眠の質もずいぶん変わります

意外と知らない、深い睡眠を得るために効果的な入浴の時間とは

入浴の後、30分たった頃が睡眠のベストタイミング

入浴は、疲労回復には何より効果的。シャワーでは交感神経を高めてしまうので、夏でも湯船につかる入浴が疲労回復には大切です

入浴すると、昼間の交感神経(ストレス・活動モード)から副交感神経(リラックス・体の修復モード)に切り替わります。筋肉もゆるんで血行もよくなり体も心もますますリラックス

 

入浴の後、汗がひいて体温が徐々に下がってくると、自然と眠くなってきます。
その時間に睡眠に入れれば、深い睡眠が得られるようになりますよ

ただし、ここで注意が必要

テレビやパソコンやゲームなどは、交感神経(ストレス)を活性化。
せっかくの入浴で副交感神経になったのに、テレビやパソコンで、また交感神経に逆戻りでは、深い睡眠も疲労回復も望めません

入浴後、30分くらいたった時間に睡眠に入れば、
寝つきも早く、深い睡眠が得られ、朝には元気な体に戻っていることでしょう

眠りを深くするには、体をほぐすことが大切です

さらに、深い眠りをえるためには、筋肉をほぐすことがとても大切

筋肉がほぐれると「休息・睡眠モード」に切りかわるので、
眠りも深くなって、疲労の回復も、新陳代謝も、ぐんぐん促進されます

マッサージで眠たくなる

これも、全身の筋肉がほぐれたから「休息・睡眠モード」になった証拠なんですよ。

時々、整体で筋肉をほぐすのも考えてみてくださいね

~ナチュラルハーモニーHPより~

ファロワール躰・工房
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1VZ8FPl
  • facebook
  • twitter
  • mixi