ブログ

ブログ詳細

食事の時、皆さんは体内に入る油について考えた事がありますか?


食事をすると、色々な物に油(油脂)が含まれていますよね

 

その油(油脂)について考えた事ってありますか?

 

一般的に油(脂肪酸)は

 

飽和脂肪酸(言うなれば『脂』で常温で固体の物、ラード・バターチーズ・卵黄・肉の脂身等)と

 

不飽和脂肪酸(言うなれば『油』で常温で液体の物)に分かれます。

 

また、不飽和脂肪酸

 

体内でつくる事が出来ない多価不飽和脂肪酸(必須脂肪酸)

 

体内でつくる事が出来る一価不飽和脂肪酸(ω9【オメガナイン】)に分けられます。

 

多価不飽和脂肪酸には2つあり、どういうものがあるかと言うと、まずω3(オメガスリー)と言って、

 

一般的に青魚などから摂れるEPA(エイコサペンタエン酸)・DHA(ドコサヘキサエン酸)と

 

亜麻仁油・シソ油・エゴマ油から摂れるαーリノレン酸があります。生食に向いています!

 

もう一つはω6(オメガシックス)と言って、ベニバナ油・ごま油・コーン油・豆腐などから摂れるリノール酸やアラキドン酸があります。加熱に向いています!

 

因みにω9(オメガナイン)はオレイン酸でオリーブ油・グレープシード油などで摂る事ができますが、加熱するとすぐ酸化してしまいますので加熱には向いていません。生食に向いています!

 

現在の食生活で体内で作る事が出来ない多価不飽和脂肪酸(必須脂肪酸)の中でなかなか摂取されていないのが

ω3(オメガスリー)になります。

 

実際、ω3(オメガスリー)とω6(オメガシックス)の働きの例として、

 

身体に不具合があった時、炎症(痛み・かゆみ・肩こり・更年期障害・リウマチ等)を起こさせるのはω6(オメガシックス)

 

逆に炎症を鎮静化させようとするものがω3(オメガスリー)になります!!

 

ω3(オメガスリー)が不足していると、炎症を起こした部分(痛み・かゆみなど)の回復が遅れる形になります!

 

次に多価不飽和脂肪酸(必須脂肪酸)の働きとして・・・

 

細胞膜や脳細胞を構成し細胞ホルモンとして様々な体内の働きを左右している非常に重要な脂になります。

 

食事をする際、少し気を付けて摂取するよう心がけて下さいね。

 

次回は、悪い油について書こうと思います!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ファロワール躰・工房
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1VZ8FPl
  • facebook
  • twitter
  • mixi