ブログ

ブログ詳細

ダイエットを考える上で必ず重要になる腸内環境! そして食物繊維の必要性


ダイエットを考えるうえで、必ずと言っていいほど腸内環境はとても大事になります!!

 

腸内環境を左右する食物繊維

 

食物繊維自体は栄養素として殆ど吸収されませんが、善玉菌と悪玉菌のバランスを整えて腸内環境を良好に維持したり

便通を促して大腸がんなどを予防したり、糖尿病や高脂血症(脂質異常症)などの生活習慣病の予防など大切な働きをしてくれます。

 

厚生労働省によると、私達が1日に必要とする食物繊維の量は20~25gとされていますが、理想は30~40gだそうです。

 

現代の日本人の食物繊維の平均摂取量は約14g程度にとどまっており、殆どの方が食物繊維不足に陥っている形になります。

 

2つの食物繊維の特徴

 

☆水溶性食物繊維

 

水溶性食物繊維には、栄養の吸収を遅らせる働きがあり、リンゴやミカンなどの果物やきのこ類・イモ類・海藻類に多く含まれています。

 

水に溶けると粘り気が強くなり、胃や腸で溶けた物を包み込んで吸収を妨げたり、遅らせたりする働きがあります。

ダイエット的に言えば、糖質の吸収を遅らせて、血糖値の急激な上昇を抑え、インスリンの過剰な分泌を防いでくれる働きがあります。

 

その他に、ナトリウムやコレステロールの吸収を妨げる働きもあり、高血圧や脂質異常、胆石症を予防してくれると考えられています。

 

☆不溶性食物繊維

 

こちらの食物繊維は皆さんの中にもお悩みになられている方が多くいらっしゃると思います便秘予防に必須の食物繊維になり、野菜(ごぼう・さつま芋など)・穀物・豆類に多く含まれています。

 

保水性が高く、水分を吸収すると数倍~十数倍に膨れ上がり、便のカサが増して大腸の運動が活発になりスムーズに体外へ排泄されやすくなります。

 

不溶性食物繊維は、大腸を通過するときに魚(マグロなどの回遊魚やキンメダイなどの深海魚)や農薬などに含まれる水銀やカドミウム等の重金属、発がん性物質のダイオキシンなどの有害物質を吸着し、便と一緒に排泄してくれる働きもあります。

 

上記の2つの食物繊維を毎日効果的に摂取し、腸内環境を整え健康的な身体を作りながらダイエットを行うと、

 

おのずと身体は理想に近づくように答えてくれますよ!!

 

『○○をとったらとか飲んだら痩せる・健康になる』と言うわけではなく、今の体の働きに何が欠けているかを知ってダイエットや健康的な体づくりを始められると良い結果が得られると思います。

 

当店では、耳つぼダイエットを通して、今のその方の状態を知りながら、その時々に必要なアドバイスを心がけています!!

 

人生一度きり!!

 

あなたにとって最後のダイエットメニューになる事を目指して!!

 

 

 

 

 

 

 

ファロワール躰・工房
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1VZ8FPl
  • facebook
  • twitter
  • mixi