ブログ

ブログ詳細

がんと低体温の関係とは・・・?


低体温はがんにとって最高の環境

がんと低体温には深い関係があることはご存知の方も多いでしょう。がん患者がインフルエンザなどで何日も高熱が出た後に検査をしたらがんが消えていたケースや、自律神経免疫療法などで温熱療法がおこなわれていることなど、体を温めることががんの治療に非常に効果的なことがわかってきました

体温が1度さがると免疫は30%も低下

日本人の体温がどんどん下がっています。昭和30年代40年代の日本人の平均体温は36度後半。平熱が37度という人も珍しくありませんでした。そんな人は冬の寒さにも強く、朝からさくさくと体が動き、風邪ひとつひかない健康さで、元気で若々しく毎日を過ごしていました。もちろんがんになることもほとんどなかったのでしょう

逆に、今の日本人は平熱が35度台という人が多く、35.5度にも満たないという低体温の女性も増えています。体内酵素のはたらきは本来の50%以下、新陳代謝も低くなって、風邪など体調をくずしやすい、疲れがとれない、体が重たい、肌の調子が悪い、といった悩みをお持ちではないでしょうか

体温が1度あがると免疫は6倍にアップし、1度さがると免疫は30%もダウンするといわれています。低体温の人は体内酵素のはたらきや新陳代謝だけでなく免疫力も大きく低下しているのです

低体温はがんが喜ぶ環境

がん細胞が喜ぶのは体温が35度の環境。逆に39.3度の環境ではがんは死んでしまいます。低体温の人はがんになりやすく治りにくい、体温の高い人はがんになりにくく治癒力も高い、と言えるのではないでしょうか

心臓や脾臓(ひぞう)にはがんはできません。それは温度が高い臓器だからです。大腸・食道・胃・肺といった臓器は中が管になっているので温度が冷えやすくがんにもなりやすい。体の中で温度が低いところにがんができやすいのですね

      ストレスも低体温の大きな原因

がんになった人の中には日々ストレスの強い環境にいた人も少なくありません。体を酷使してきた、精神的にプレッシャーの多い仕事をしてきた、という人ですね。このようなストレスは体を冷やしてしまうのです

ストレスを感じると自律神経の中の「交感神経」が優位になります。すると筋肉がかたく緊張して血行が悪くなる。体温を運ぶのは血液の役割なので、血行が悪ければ体温は運ばれにくくなって冷えを感じるようになります。常にストレスが強い人は慢性的に血行が悪くなるので低体温になってしまいます

冷えだけでなく、肩コリがひどい、首・背中のコリがひどい、寝つきが悪い、眠りが浅い、疲れがとれない、便秘がち、体調をくずしやすい、と感じる人はがんにも注意をして、体を温める生活をすることが大切です

  • 体を温める食べ物を食べる
  • 運動をする
  • シャワーではなく、湯船にゆったりとつかる
  • エアコンの冷暖房でなく、うちわ・扇風機・小さいストーブなどにする

体を温めればどんどん元気に健康になっていきます。食べ物・ストレス・生活習慣で低体温を作らないように心がけてください

~ナチュラルハーモニーHPより~

ファロワール躰・工房
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1VZ8FPl
  • facebook
  • twitter
  • mixi