ブログ

ブログ詳細

私達日本人は、牛乳の摂取量をコントロール、もしくはなるべく摂取しない方がよいのかもしれません!


牛乳は、身体に良い!!

 

と、よく言われていましたよね。

 

確かに栄養学的に牛乳は、豊富なエネルギー(タンパク源)や脂質・カルシウムが沢山含まれています。

 

しかし現在の薄利多売の時代、牛乳を出荷する際、高温殺菌をされているものが多く、大事な栄養素が壊れてしまっているそうです。

 

仮に選ぶなら低温殺菌をされている牛乳の方が良いかも知れませね。(消味期限は高温殺菌の牛乳より短いです。)

 

その牛乳なんですが、日本人はあまり多くの牛乳を摂取しない方が良いかもしれません。

 

と言うのは、日本人の80%近くが「乳糖不耐症」である、といわれています。

 

 

乳糖不耐症とは・・・

 

体質として乳糖が適合していない。胃腸が乳糖をきちんと処理しきれないということです。つまり、どんなに牛乳を飲んでもその栄養を吸収できない体質を、日本人の多くが持っているわけです。

 

牛乳を飲んでお腹がゴロゴロ言う方がその部類にあたると思います。

 

そして、牛乳の中に含まれるたんぱく質≪カゼイン≫が日本人にあまり良い影響を与えません。

 

古くから、牛乳を始めとしてチーズやヨーグルトなどを摂取してきたブルガリアなどの西欧人にはこのカゼインを分解する酵素を持っているので問題はないみたいですが・・・。

 

犬にネギを食べさすと良くないのと一緒の様なものですね。

 

さて、牛乳のタンパク質の8割を占めるカゼインは、粘り気も強く固まりやすい性質を持つため、腸から栄養が吸収されにくく腐敗しやすい物質です。

 

粒子が非常に小さいので、腸壁を素通りして血管内に入り血液を汚していくためカゼインは体から異物とみなされアレルギー反応を引き起こす原因になります。

 

アレルギーの症状として、カゼインを体外に排出する為に皮膚からの排出の場合は湿疹やアトピー。呼吸器からの排出の場合だと喘息と言われています。

 

仮にカゼインが排出されず体内に蓄積された場合は、女性だと乳房に蓄積されやすく乳がんの原因に、男性の場合は前立腺がんの原因と言われ、他にも大腸がん、白血病の発症リスクを高めるとも言われています。

 

人間(日本人)に限らず、哺乳類の赤ちゃんはお母さんのおっぱいを飲み育ちますよね。

 

そしてある一定の年齢を過ぎると断乳し飲まなくなります。

 

母乳とは血液のようなものです。

 

ですから、牛乳は牛の血液を飲んでいる形になりますよね。

同じ人間ですら、他人の血液を入れると拒否反応をおこしたりします。

ましてや他の動物のものですので成分も何もかも違い、人間(日本人)の体内にあまり多く入れるべきものではないのかもしれません。

 

牛乳は牛の赤ちゃんを育てるものであり人間が飲めば不具合になる確率は高くなる可能性が・・・・!

 

牛乳は大好き!!と言う方もいらっしゃると思いますが、摂取頻度や量を考えてみても良いかもしれませんね。

 

 

 

 

ファロワール躰・工房
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1VZ8FPl
  • facebook
  • twitter
  • mixi