ブログ

ブログ詳細

体を温める食べ物、冷やす食べ物


食べ物には、体を温める食べ物と冷やす食べ物があります。それぞれの代表的な食べ物と、温めるか冷やすかの見分け方を紹介しますね

     野菜編 : 体を温める食べ物と冷やす食べ物

体を温める野菜と冷やす野菜の見分け方は、

ご存知ですよね。ではこの見分け方はご存知ですか

体を温める野菜・・・生姜、ごぼう、れんこん、にんじん、ねぎ、たまねぎ、山芋など

体を冷やす食べ物・・・トマト、キュウリ、レタス、白菜、キャベツ、ほうれんそう、など

果物編 : 体を温める食べ物と冷やす食べ物

  • 寒い地方でとれる果物は、体を温める食べ物
  • 暑い地方でとれる果物は、体を冷やす食べ物

これもご存知でしょうね。果物は南国産のものが多いので、体を冷やしてしまがち。「温める果物」というのは難しいので「冷やしにくい果物」として紹介しますね

 

果物は栄養や酵素が手軽にとれる優秀な食べ物。なので「体を冷やしたくないから果物を食べない」 というより、果物と一緒に、紅茶・黒豆茶・生姜湯など温める飲み物を飲むのがおすすめです。

調味料編 : 体を温める調味料と体を冷やす調味料

  • 塩からい調味料は、体を温める食べ物
  • すっぱい調味料は、体を冷やす食べ物

これが見分け方。具体的に区別してみると・・・

 

暑い夏に酢の物が食べたくなるのは、体を冷やしてくれるから。寒い冬にチゲ鍋や担々麺などが食べたくなるのは、唐辛子が体を温めるから

体を冷やす生野菜を食べる時は、しょうゆベースのドレッシングをかけたり、たまねぎスライスを加えるなど、温める調味料や野菜をプラスするといいですね

色で見分けよう編 : 体を温める食べ物と体を冷やす食べ物

  • 赤、黒、オレンジ色の食べ物は、体を温める
  • 青、白、緑の食べ物は、体を冷やす


加工食品編 : 体を温める食べ物と体を冷やす食べ物

体を冷やす食べ物も、ひと工夫の加工で温める食べ物に変わります。その工夫とは、「熱を加える」、「塩を加える」、「発酵させる」

 

下の2つは、自宅では無理でしょうが(汗)選び方の参考になればうれしいです

寒いイギリスで紅茶が愛されたのも、体を温める作用を感じて自然と根付いていったのでしょう。スイカに塩をかけるというのも、体を冷やしすぎないための昔ながらの知恵のようですね

~ナチュラルハーモニーHPメルマガより~

ファロワール躰・工房
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1VZ8FPl
  • facebook
  • twitter
  • mixi