ブログ

ブログ詳細

僕自身が経験した健康のありがたさや大切さ。


今回は少し僕自身が経験した健康のありがたさや大切さについてお話ししたいと思います。

 

当店“ファロワール躰・工房”は平成17年1月~平成18年12月までを犬山市の楽田で

 

平成19年1月より移転して現在丹羽郡扶桑町柏森で営業させて頂いています。

 

開業当初は8坪の店舗で整体&痩身、移転してからは犬山時代に無かったエステメニューを抱え、整体・痩身&エステという形で大半を看護師・エステティシャンの妻と2人3脚で、今まで当店に来て頂いているお客様はご存じの事と思いますが平成25年7月までやってきました。

 

健康な身体づくりや美容を提供してきた当店が、本当の健康の大事さをしらされる出来事がありました。

 

今まで、2人3脚でお店を一緒にやってきた妻の他界です。

 

平成24年6月、妻が32歳の時、最初乳がんで発見した時はステージ3(確か?)、脇のリンパ節(センチネルリンパ)にまで行っていました。

 

ウチには子供が4人(現在小5長男・小3次男・小2三男・年中5歳の長女)いますが、ちょうど現在5歳の長女が0歳~1歳の時、母乳を与えていて乳腺が張っていると思っていたので気付くのが遅れました。

 

医師によるとオペで部分切除が可能と言う事で、脇のリンパと共に部分切除を行いましたがオペ後2カ月目に肝臓転移がわかり、それ以降33歳で他界する25年8月まで妻自身看護師で総合病院の外科に働いていた時がり経験上、抗がん剤を使用すると自分がどのようになるかを知っていたので、お店に来て頂いていた妻のお客様や子供達に心配をかけない様に抗がん剤を使わず免疫療法で治療を続けながらお店の仕事を手伝ってくれていました。

 

健康の仕事に携わっていながら起きた出来事。

 

妻を亡くした事で、改めて健康の大事さやありがたさを知らさせる事になりました。

 

今まで、当たり前に生活していたことが当たり前じゃなくなる瞬間の衝撃は、計り知れないものがある事を4人の子供達と一緒に経験させられました。

 

皆さんの中にも大切な方を病気等で亡くされた経験のある方もいらっしゃると思います。

 

僕自身、健康に携わっている仕事をしていながら、病気(癌)で大切な人を亡くさなければいけなかった事が本当に悔しかったです。

 

現在、厚生労働省が発表している病気による死因は1位 癌・2位 心疾患・3位 脳血管疾患となっていて、特に癌は

 

日本人に2人に1人が癌にかかり、3人に1人は亡くなるとも言われています。

 

今年になっても、千代の富士(九重親方)や大橋巨泉さん・ちびまる子のおねいさん役の声優 小谷優子さんなどの有名人が癌で亡くなられています。

 

癌に限らず、死因の上位にきている疾患の殆どが生活習慣病からの要因が考えられている訳ですから、日頃の生活リズム(食生活など)を気遣う事により防げる可能性があると思います。

 

予防と言う考えは、病気になってからでは予防は出来ず治療に変わる事は皆さんもご存じの事と思います。

 

何も身体に異変が起きていない(今では未病という考え方もありますが)今だからこそ出来る事が予防なんですよね。

 

妻が他界して3年になりますが、それ以来、どういった事が理想の予防策に繋がるのかを整体やダイエットを通じて食生活等で出来るアドバイスを伝えさせて頂いています。

 

健康な身体があるからこそ働けますし、旅行などの娯楽や趣味なども楽しむ事ができますしね。

 

生活習慣病は、大きく食生活が関与してくると思いますが、食生活が乱れる事によって起きる体重・体脂肪増。

 

その増えてしまったものを落とすのがダイエットとなる訳ですが、ダイエットに関して言えば、その方にあった正しいダイエットで減量や蓄えられた余分な脂肪を落とし、メタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満)や皮下脂肪型肥満から脱出する事で、病気や身体の不具合(関節の痛みなど)の予防と共に美や理想のスタイルを手に入れられる一石ニ鳥の可能性も出てくる訳です!!

 

皆さん、一度きりの人生ですので今のご自分のお身体や大切な方への身体の健康について、そして予防について考えて頂けたら幸いに思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファロワール躰・工房
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1VZ8FPl
  • facebook
  • twitter
  • mixi