ブログ

ブログ詳細

食品添加物の必要性


「食品添加物」と聞くと、思わず「健康に悪い」と思ってしまう人も少なくないはず

食品添加物には確かにデメリットもありますが、それだけではありません。

食品添加物が一切含まれていないほうが逆にリスクが高かったり健康に害を与えやすいケースも少なくありません

食品添加物といっても、私たちの食物連鎖の中でどうしても必要なものもあれば、着色料などのように使っても使わなくても良いようなものまであります。

食品添加物=悪いというわけではありません

 

例えば、ヘルシーな食材として人気のある豆腐

豆腐を作る際には、大豆を煮てオカラと豆乳に分け、豆乳を固める凝固剤を使い、豆乳から豆腐を作ります。

塩化マグネシウムや硫酸カルシウム、グルコノデルタラクトンなどは、凝固剤として使われている食品添加物です

また、豆腐の泡立ちを抑えてしっとりと重みのある豆腐を作るために必要なのは、シリコーン樹脂やグルセリン脂肪酸エステルなどの消泡剤です。

 

このように、食品添加物には、食品の形を保ったりまろやかな触感にできる安定剤、乳脂肪を安定させる乳化剤、食品に弾力を与える弾力剤、食品の腐敗を抑える保存料、味を整えておいしくする調味料などがあります

そのほかにも、精肉のフレッシュな色をキープするために発色剤が使われたり、肉の組織を安定させる接着剤が使われることもあります

 

ちなみに、私たちがよく知っている着色料や香料なども食品添加物になりますね

~ファスティング酵素支援協会公式HPより~

ファロワール躰・工房
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1VZ8FPl
  • facebook
  • twitter
  • mixi