ブログ

ブログ詳細

最近よく話題になる腸内環境・腸内細菌について!!


健康や美容に非常に欠かせない腸内環境。

 

腸内には1,000兆個(細胞の数の10倍)の細菌が棲みついていて、1,000種類もあると言われています。

 

重さに換算すると約1,5kg。

 

小腸から大腸にかけて、これらの腸内細菌がびっしりと存在しまるで草むらのようであることから皆さんもお聞きになった事があると思いますが

 

【腸内フローラと呼ばれています!!

 

腸内細菌には、善玉菌・悪玉菌・日和見菌と3つに分かれます。

 

☆善玉菌(有用菌)の代表例として、ビフィズス菌・乳酸菌など

 

特徴や働きとしては・・・・

 

1.病原菌を腸内に侵入するのを阻止してくれます。

2.食物繊維や三大栄養素の残留物に分解酵素を分泌し分解してくれます。

3.腸内で「発酵」を起こし、「短鎖脂肪酸」(全ての消化管と全身の臓器の粘膜上皮細胞の形成の増殖させる物)を生成してくれます。

 

☆悪玉菌(有害菌)の代表例として、ウェルシュ菌・ブドウ球菌・大腸菌など

 

特徴や働きとしては・・・・

 

1.腸内のタンパク質を腐敗させ、様々な有害物質を作り出す。

2.便秘や下痢、肌荒れなどが引き起こされやすくなる。

3.発生した「窒素残留物」により「リーキガット症候群」(腸管壁浸漏症候群・・・本来腸壁を通っていけない未消化のタンパク質等が腸の不具合により通過してしまう現象)が起きてしまう。

 

☆日和見菌(中間菌)の代表例として、バクテロイデス・ユウバクテリウム・クロストリジウムなど

 

特徴や働きとしては・・・・

 

1.腸内の優秀細菌として、大人の腸内フローラの形成に寄与してくれます。

2、悪玉菌が増えてしまうと、その悪玉菌の働きを手伝ってしまいます。

 

ここで解かり易くお客様には善玉菌・悪玉菌・日和見菌をドラえもんのキャストに例えると

 

善玉菌がのび太・ドラえもんで悪玉菌がジャイアン、日和見菌がスネオと言ったところでしょうか(笑)

 

スネオはいつも都合の良い方に味方するイメージがありますので、善玉菌が強い時、日和見菌は善玉菌の味方をして、悪玉菌が強い時、日和見菌は悪玉菌の味方をするという感じです。

 

健康な腸の善玉菌・悪玉菌・日和見菌の比率は2:1:7と言われています。

 

このバランスが崩れると消化不良を起こしたり、病気の原因になります。

 

因みに消化不良を起こす原因として・・・・

 

1.加熱食のみの生活や生食が極めて少ない食生活を続けている。

2.深夜に食事をする習慣がある事や食べてすぐに寝る、あと慢性的に睡眠不足。

3.毎回の食事量が多すぎる(過食気味)。

4.【成長期ではなく大人の場合】朝食をしっかり摂る習慣がある(ご飯やパン、卵やハムなどの加熱した固形物食材をしっかり摂ってしまう)。

5.肉・魚・牛乳などの動物性食品や低繊維食の摂りすぎ。

6.白砂糖(ショ糖)を使った菓子類全般(洋菓子、和菓子、スナック菓子、アイスクリーム、チョコレートなど)の摂りすぎ。

7.化学薬剤の長期的にわたる摂取と、種(イチゴやキウイ以上の大きな種)や豆を生で食べる習慣が多い。

8.酸化した油脂・トランス脂肪酸(マーガリンなど)を使った食品の摂取やその他の脂肪の摂りすぎ。

9.アルコール類の過剰摂取と喫煙、ストレスが多い生活。

 

が挙げられます。

 

腸内環境を整える際、如何に善玉菌を増やして日和見菌を味方につけるか。

 

それによって、消化の際発生してしまう悪玉菌の働きを押さえる事も可能になります。

 

善玉菌をではどのように増やすか・・・・・それが以前のブログにも書きましたが

 

酵素〔エンザイム〕と言う訳なんです!!

 

腸内環境を整え健やかな毎日を過ごしたいですよね!!

 

 

ファロワール躰・工房
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1VZ8FPl
  • facebook
  • twitter
  • mixi