ブログ

ブログ詳細

腸内環境(善玉菌)を活性化させる機能食品


前回、腸内環境全般のお話しをしましたが、

 

今回は、善玉菌にクローズアップしてお話ししたいと思います。

 

私たちの腸内環境(善玉菌)に寄与する機能性食品は、大きく分けて「プロバイオティクス」「プレバイオティクス」「バイオジェニックス」の3つのいずれかから成り立つと考えられています。

 

その中でも従来、主に考えられていたのが「プロバイオテックス」と「プレバイオテックス」

 

プロバイオテックスは、腸内フローラを整え、宿主の健康に寄与する生きた細菌や酵母の事

例えば、ヨーグルトや乳酸菌飲料、ぬか漬け・納豆など。

 

プレバイオテックスとは、大腸に棲みついている善玉菌の増殖を促し、悪玉菌の増殖を抑える難消化性の食品成分の事

例えば、食物繊維やオリゴ糖など。

 

そこに近年バイオジェニックスという機能性食品の考え方が出てきました。

 

バイオジェニックスは、腸内の免疫を刺激したり、コレステロール・血糖・血圧を安定させたり、活性酸素を減らしたり、身体全体に作用する事で、生活習慣病や老化を防止する食品成分の事。

「死菌を含めた乳酸菌の菌体成分が腸管免疫を刺激する事で生体活性を促し、腸内フローラにも好影響を与える」と考えられています。

 

バイオジェニックスについて

 

【発酵後の死菌(菌体成分)も生菌と同等以上の効果が得られる】

 

乳酸菌は、死菌であっても生菌と同等以上の整腸効果・感染防御・免疫賦活効果・抗腫瘍効果・高血圧抑制効果などの生理活動性効果がある事が明らかになってきたそうです。

また、花粉症などのアレルギーを緩和させる作用は、生菌以上に有効であるとも言われています。

従来の生菌<プロバイオテックス>とは異なるこれらの作用は、光岡知足先生(東京大学名誉教授)という「腸内細菌学」の世界的権威のある方が提唱され「バイオジェニックス」と呼ばれています。

 

乳酸菌飲料など外から摂取した乳酸菌は腸に棲みつけない!?

 

人の腸内に棲みついている乳酸菌は、生後間もなく腸内に入ってから長い時間をかけて宿主特異性を獲得します。

このため、外から摂取した乳酸菌(生菌)は容易に棲みつく事が難しく、繁殖することはなく、3~4日間腸内で働いた後、排泄されるそうです。

 

腸内環境(善玉菌)の活躍を促すべく「プロバイオテックス」・「プレバイオテックス」・「バイオジェニックス」の3つを意識したいですよね。

 

「バイオジェニックス」を摂り入れる方法としては、酵素食品やサプリが有効ですよ!!

 

ファロワール躰・工房
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1VZ8FPl
  • facebook
  • twitter
  • mixi