ブログ

ブログ詳細

女性の悩みに多い【貧血】。その主な原因とは・・・。


現代の女性の3人に2人が悩むと言われている【貧血】。

 

その貧血の主な種類と原因について・・・。

 

まず、貧血とは血液中の赤血球数、または赤血球に含まれるヘモグロビン(酸素を運ぶ)が減少した状態を言います。

 

全血量が減少する場合、赤血球のみが減少する場合、赤血球は正常でもヘモグロビンが減少する場合、などがありますが、いずれも酸素を全身に運べなくなる事により、細胞のエネルギー成分や免疫力が低下します。

 

種類として

 

1、鉄欠乏性貧血

 

鉄分が不足して起こる、もっとも多い貧血ノタイプ。栄養バランスの悪い食事が主な原因。

自覚症状として疲労、食欲不振、吐き気、頭痛、呼吸困難など。

多くは、鉄分の摂取で改善できる。

 

2、再生不良性貧血

 

骨髄中の造血幹細胞が上手く機能せず、血球が出来ずに血液を生み出せない為に起こる。

大量の放射線を浴びることなどが原因で、治療は血液内科で行う、難病にあたります。

 

3、悪性貧血

 

ビタミンB12を吸収する内因子が欠乏して起こる。食欲不振や消化不良のほか、皮膚のマヒといった神経性の症状、記憶障害、排尿障害も見られる事がある。ビタミンB12と葉酸の補給で改善されやすい。

 

4、溶血性貧血

 

造られたばかりの赤血球が、すい臓ですぐに破壊されてしまうために起こる。不適合輸血、がん、感染症、梅毒、脾臓機能亢進などの人に起こりやすいが、明確な原因や治療法は分かっていないのが現状で、難病にあたります。

 

一般的に多い貧血が1、の鉄欠乏性貧血になりますので、栄養バランスのとれた食事などに気を使い、無理なダイエットや偏った食事等、気を付ける必要がありますね。

 

因みに、貧血になると酸素が身体かのすみずみまで行き届きにくくなりますから、低体温になったり、低血圧を招くこともあります。

 

低血圧や低体温になると、筋肉が委縮して、自律神経のバランスを崩す事も考えられます。

悪化してしまうと神経障害を発症するなど、さまざまな症状をあらわすようになる可能性がありますので、お気を付け下さいね。

ファロワール躰・工房
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1VZ8FPl
  • facebook
  • twitter
  • mixi