ブログ

ブログ詳細

当店のエイジングケア【モンテセラピー】の㈱リードからモンテセラピー通信


12月も中旬に差し掛かろうとしていますね。

今年も残り20日を切りました。

体調を崩さず年末年始を迎えたいですね(笑)。

さて、今回はだいぶ乾燥する時季になりました。

そこで・・・ちょっと難しいんですがツボのお話し。

 

モンテセラピー通信より

◆保湿力がアップする、腎・膀胱経のお話◆

腎経・膀胱経(じんけい・ぼうこうけい)の経絡(けいらく)【簡単に言うと下腹部辺り】は水分代謝をコントロールします。

また、全ての臓器の機能もコントロールする重要な働きをしています。

この経絡の流れが良いという事は、『みずみずしく潤って元気』という事です。

乾燥する冬は、潤いが欲しいです。

この、潤って元気を手にする為に、腎・膀胱経のケアーをおすすめします。

腎・膀胱経が最も苦手なのは、『冷やす事』です。

人の体は、下半身が冷えると、交感神経が優勢になり、イライラしたり悲しくなったり、頭で考えすぎたり、呼吸が浅くなるそうです。

下半身を温め、熱を下へ持っていくと副交感神経が優位になり、心と体のバランスが取れます。

これは、体だけに限らず心もです。

心身を温める事が腎・膀胱経の養生につながりますので、感謝を持って人と接し、自分自身を大切にする事。

良い食事を取り、内面から体を温める事。

お風呂で外側から体を温める事。

お風呂では、足の裏の湧泉(ゆうせん)『※ネットで調べてみて頂いたら位置がわかります。』を刺激し、足裏は常に柔らかさを保つ事が良いとされています。

湧泉は、腎経のスタートのツボで、生命力が泉のようにわく所として鍼灸治療では有名なツボです。

今日から、心身の温めを意識して、みずみずしく潤って元気に過ごしましょう!!

ファロワール躰・工房
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1VZ8FPl
  • facebook
  • twitter
  • mixi