ブログ

ブログ詳細

この寒い季節、脂肪をため込みにくい身体をつくるには・・・?


冬になり、身体を冷やさぬようにと脂肪が付きやすい時季を迎えています。

 

ここで、一つ脂肪を溜めこみにくくする(脂肪燃焼の効率を高める)食事内容(栄養素)として、クロムとマグネシウムを意識すると良いと思います。

 

クロムは、海苔やアーモンドなどに多く含まれている栄養素になります。

 

糖類を口にすると、身体はエネルギーとして利用する為に、すい臓からインシュリンを出します。

このインシュリンにより糖類(ブドウ糖)を体中に届ける事が出来ます。

 

その際に細胞の中に糖類を取り込むには、クロムの補助が必要不可欠です。

 

クロムには血糖値の上昇が穏やかになるようコントロールし、体内に入った糖類の代謝をよくする働きもあります。

 

ほかに、血液中のコレステロールや中性脂肪を効率よくエネルギーに替える事で、脂肪が血管の内側に付着して動脈硬化の原因となる事を防ぐと言われています。

 

マグネシウムは、ビタミンB群とともに糖質、脂質、タンパク質の代謝を促進する作用をもつミネラルです。

 

ヒジキやわかめなどの海藻類に特に多く含まれる事で知られています。

 

使いきる事が出来なかった余分なエネルギーを脂肪として溜めこまない為に、常に一定の量のマグネシウムが必要になります。

 

30~49歳の女性が1日に必要とするマグネシウムの量は290㎎で、ひじき(乾燥)なら50g、ワカメ(乾燥)なら75gを食べると摂取できるそうです。

 

少し、食事をされる時の内容に気を付けてみた下さいね。

 

ファロワール躰・工房
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1VZ8FPl
  • facebook
  • twitter
  • mixi