ブログ

ブログ詳細

当店のエステメニュー“モンテセラピー”の㈱リードからモンテセラピー通信


2月に入りましたね。

 

先月は、底冷え感を覚えるほど寒かったように思います。

 

立春を境に、少しずつ温かくなってきてほいしいところですね。

 

さて、今回は当店のエステメニュー“モンテセラピー”の㈱リードからモンテセラピー通信をお届します。

 

◆2月4日 立春 冬から春へ◆ ・・・ 最高の1年の始まり

 

節分の翌日が立春。立春とは新年が明けて、春がスタートする日です。節分は、1年の始まりの前に邪気を払う為の行事で、豆をまいて厄を払います。

 

2017年の節分は2月3日ですが、天体運行により変わるので、2025年の節分は2月2日になるそうです。

 

節分の日は豆まきにプラスして、『立春大吉』という言葉を掲げると、さらに最高の年になる!?

 

この『立春大吉』の四文字は左右対称で、表から見ても、裏から見ても『立春大吉』と読めます。

これを玄関に貼っておくと、鬼が玄関から入ってきても、鬼が振り返ると同じように『立春大吉』とお札が見える為、鬼がこの家にはまだ入っていないと勘違いして逆戻りをする。つまり鬼が入ってこないで1年を無事に過ごせる事から『立春大吉』が使われるようになったそうです。

今年の節分は『立春大吉』を玄関に貼って最強の厄除けを行ってみてはいかがですか?

 

今年の酉年は、「取り込む」につながる良い年。

良い流れを取り込み、運気を上昇させる1年にしましょう。

 

春のお手入れ

春は普段より、なんだか眠くてあくびが多発、イライラも出て来ます。これが春の特長です。五行を見ると、臓が肝にあたり、肝臓が活発に動き始める季節と読み取れます。  

 

冬の間、動きが鈍く溜めこんだ老廃物を外に出す為に、肝臓が頑張るので肝臓の疲れから、眠くなったり、だるさやイライラが起こるのです。

これは体内が動き、体が春に対応する為に頑張っているサインです。このサインを見逃さず、頑張っている自分の体をいたわる事が大切です。

 

春は外へ広がっていく質を持つ「木」のエネルギーで、成長を意味します。自分自身も成長や発展に向かっていると考えて下さい。

体がバランスを崩してしまうと、肝経・胆経の経絡ラインにトラブルが出てきます。

・目のかすみ、疲れ、ドライアイ

・筋肉疲労

・肩こり

・セルライト

そうなる前に、春は念入りに肝経・胆経の経絡ラインのマッサージを行う事がとても重要です。

頭のマッサージは毎日の日課にすると、目・首・肩のだるさが起こりにくくなり、アンチエイジングにつながります。

脚の側面を下方向へなで下ろすだけで、セルライト予防になります。

 

マッサージをしたら必ず目で見て、変わった事を確認します。この 『変わった』 という変化を見る事が脳を刺激し変化しやすい体を作ります。

頭をマッサージしたら、目・首・肩が楽になった!!  お顔がリフトアップした!!

脚のマッサージをしたら、細くなって軽くなった!! この変化した良い刺激が脳に伝達され、このマッサージをするたびに、どんどん変わっていき「なりたい自分」になれるのです。

春の経絡マッサージ、是非お試し下さい。

ファロワール躰・工房
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1VZ8FPl
  • facebook
  • twitter
  • mixi