ブログ

ブログ詳細

産後の骨盤矯正されていますか?


姿勢の土台となる骨盤。

 

姿勢の歪みは骨盤からと言われています。

 

今回は、産後の骨盤矯正について・・・。

 

そもそも産後に骨盤が歪む原因は、出産によって骨盤が大きく開くことにあります。

 

歪んだ骨盤は、産後3~4ヶ月かけて左右交互に少しずつ縮みながら、ゆっくりと元の状態に戻ります。

 

骨盤は正常な位置に戻ろうとしますが、妊娠中や出産を通して左右の骨盤を支えている筋肉のバランスが崩れていると出産後正常な位置に戻りづらくなるといわれています。

 

また、横座りや椅子での足組み、猫背、あぐらは体を歪める姿勢になりますので、産後3ヶ月頃までにこれらの姿勢をとっていると骨盤がさらに歪んでしまう恐れがあります。

 

仮に、骨盤が妊娠前の位置に戻らない状態が続くと、骨盤周辺の血流やホルモンバランスが悪くなり、脂肪の燃焼がうまくいかなくなってしまうため、太りやすくなるといわれています。

 

産後に下腹が出てきてしまい、妊娠前の服が入らなくなってしまうのはこのため。

 

他にも肩こり、腰痛、むくみ、冷え性や不妊などの婦人科系トラブルにもつながる可能性もありますよ。

 

実際、骨盤矯正で骨盤の位置が正常化すると、腸の働きをはじめとして内臓の位置も安定しやすくなるので、栄養素の吸収や排泄がよくなったり、血行が促進され基礎代謝も上がりやすくなり、痩せやすい身体に持っていけます。

 

因みに、産後太りを解消するのは、産後の6ヶ月間が重要です。産後の女性のじん帯はとても柔らかくしなやかで、骨盤矯正には絶好の機会になります。

 

基本的には、産後2~6ヶ月までに骨盤矯正を行うのがおすすめです。

 

産後1~2カ月は悪露が出るなど、出産の影響が体に残っていますし、子宮が元に戻ろうとする期間でもありますので安静が一番ですね。

 

その後、骨盤矯正を上手に行えば、効率よく身体の働きを促すだけでなく、スタイルが良くなる効果も期待できますよ。

 

 

ファロワール躰・工房
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1VZ8FPl
  • facebook
  • twitter
  • mixi