ブログ

ブログ詳細

内臓脂肪ってどんなもの? 


現在、体組成計などで手軽に計測できるようになった体脂肪。

 

体脂肪と言う言葉は、体内にある脂肪の総称で、蓄積する場所によって、「皮下脂肪」と「内臓脂肪」に分類されます。

 

二つの脂肪は全く性質が違い、体を守る役割のある皮下脂肪に比べ、内臓脂肪は深刻な病気を引き起こすと考えられています。

 

内臓脂肪が多くて、血圧・脂質・糖質値のうち2つ以上に異常がある場合、俗に言うメタボリック症候群と呼ばれる状態で、高い確率で高血圧や糖尿病・脂質異常症などを引き起こし、後に心筋梗塞や脳卒中など、死因の上位を占める疾患に至る可能性をひめています。

 

メカニズムとしては、脂肪細胞は様々なホルモン物質を分泌していて、総称をアディポサイトカインといい、脂肪細胞が小さいうちは、摂食抑制したり血管内壁の傷を修復する善玉サイトカインを分泌するのですが、肥大した脂肪細胞からは、血栓を作ったり、血管を狭くする悪玉サイトカインが分泌されてしまいます。

 

よって、内臓脂肪が多い人ほど、動脈硬化を促進させる悪玉を送りこんでしまう形になるんですね。

 

しかも、内臓脂肪が蓄積されるのは、内臓の周りや腸間膜の間などで、毛細血管が張り巡らされている場所になります。

 

悪玉サイトカインは血管壁から入り、たちまち全身に影響を与えてしまい、いくらそれぞれの臓器をケアしても、内臓脂肪という根源を絶たないと病気を治す事は難しいと言われています。

 

内臓脂肪型肥満は隠れ肥満とも言われていますが、食行動パターンとして量は、あまり食べてないけど糖分が多い傾向があります。そして運動不足・・・。

 

内臓脂肪型肥満の体型としては、日本人に合わせた基準として、へそまわりが男性85㎝以上・女性90㎝以上の際、内臓脂肪過多と判定されます。

 

鏡で見ると、お腹がぽっこり出たリンゴ型(内臓脂肪型肥満)か、下半身が太い洋梨型(皮下脂肪型肥満)かで見極める事も出来ますね。

 

~内臓脂肪がたまりやすい人はこんな人~

 

食事編

 

※朝食を抜く事が多い

※夕食が遅い時間になりがち

※炭水化物が大好き

※揚げ物が大好き

※お菓子に目がない

※ときどきドカ食いする

※ストレスを食事で発散する事が多い

※夜食の習慣がある

※野菜をあまり食べない

※カロリーは気にしないほうだ

 

運動、日常生活編

 

※決まった運動習慣はない

※歩かない方だ

※階段より、エスカレーター・エレベーターを良く使う

※家事は、なるべく省力でやっている

※休日は、動かないで過ごす事が多い

※体重やへそ周りを測定する習慣はない

※タバコを吸っている

※これまでにダイエットに失敗した事がある

※体重を食事だけで減らそうと思う

※自分はメタボリックシンドロームとは無縁だと思う

 

上記の内容にチェックが多いと、内臓脂肪の危険性が高いので要注意です!!

 

 

ファロワール躰・工房
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1VZ8FPl
  • facebook
  • twitter
  • mixi