ブログ

ブログ詳細

腸の勉強会に参加してきました。


名古屋にて当店が扱う商品会社の勉強会に参加させて頂きました。

僕自身が、直接お客様へ、「腸はすごく大事に、そして綺麗に保つ必要性がありますよ」とお話しさせて頂いた方もいらっしゃると思いますが、人は、食物によって体が出来ている訳ではなく、食べた物を、いかに腸自体が上手く吸収できる状態であるかによって決まってきます。

ですから、腸内環境が悪いと、如何にバランスのとれた食事をとっても、意味がなくなる訳なんですね。

腸の役割は、大きく分けて5つあります。

1、消化・吸収・・・腸は体全体の90%食べた物を吸収しています。

2.免疫の源・・・体の免疫の85%は腸で作られます。

3.腸内細菌の棲家・・・腸には善玉菌・悪玉菌・日和見菌の割合が2:1:7の割合で棲みついています。

4.便の排泄・・・腸で体内に入った有害物質を腸内環境が整っていると75%便として排出してくれます。

5.ホルモンの生産・・・腸では、体に必要なホルモンの95%を生産しています。

特に、セロトニン(幸せホルモン)の生産が多く、セロトニンの分泌が弱いと、うつ病・自閉症・不眠症になると言われています。

ですから、上記の症状で病院にかかると、セロトニンを含んだ薬を処方されるそうです。

うつ病・自閉症・不眠症=腸の病気と言っても過言ではないかも・・・。

次に、腸の働きが悪くなる原因は2つ。

悪玉菌増殖による、消化不良と便秘です。

腸自体の働きが弱く、消化不良や便秘をしやすいと、如何に体に良いと言う食べ物の摂取や美容行為・ダイエットをしても、効果が薄い、又は、長い事良い状態は続かないと思います。

では、なぜ悪玉菌がふえてしまうのでしょう・・・?

を次回お話ししたいと思います。

ファロワール躰・工房
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1VZ8FPl
  • facebook
  • twitter
  • mixi